よくある質問

よくある質問

ohana relationshipについてよくある質問をまとめています。

カウンセリングについて

 カウンセリングに年齢制限はありません。

Ohana relationshipでは、2~6歳の多くの愛犬と飼い主様が頑張っておられます。
また、最高年齢は、13歳で腎臓疾患がありながらも日々、飼い主様と2人3脚で頑張っておられます。 カウンセリングを受ける際に年齢制限はありませんので、お気軽にご相談ください。また、他で断られたケースも扱っておりますので、諦めないでください。

 軽度の場合は2~3回。重度の場合は10回以上になることもあります。

軽度な問題行動(飛びつき、甘噛みなど)の場合は2~3回ほどのカウンセリングで改善されることが多いです。一方で、重度の問題行動(成犬で飼い主を噛む・強い分離不安など)の場合は10回以上になることもあります。
また、犬の行動が改善されるにあたっては飼い主様の積極的な介入が必要不可欠です。カウンセリングのみで愛犬の行動改善は難しいです。ご自宅で飼い主様の行う練習の程度により、愛犬の成長は大きく変わります。

 2~3週間の間隔でお伺いすることが多いです。

愛犬の状態と飼い主様の状態によります。例えば、お家での練習が容易で愛犬の行動がすぐに変化しそうな場合は、2~3週間の間隔でお伺いすることが多いです。また、問題が重度の場合は1週間の間隔でお伺いすることが多いです。

料金やシステムについて

 残念ですが、預かりは行っておりません。

犬の行動は、愛犬を取り巻く環境や人の対応が大きく影響します。ですので、預かって一時的に行動が改善されたとしても、以前と同じ環境に戻ると、犬の行動も戻ってしまうことがあります。
ohana relationshipでは愛犬の行動を改善するトレーニング等を行うのは勿論ですが、飼い主様に対しても必要な知識を沢山学んで頂きます。

 可能です。

注意して頂きたい点として、サービス提供前日7 日前~当日にキャンセル・日時変更のご連絡された場合は、キャンセル手数料がかかりますのでご注意ください。尚お客様のキャンセル状況 ・ 理由等に応じ、料金等に関するご相談は適宜お受けいたします。
また、カウンセリング(トレーニング)を屋外で予定していたが当日雨天になった場合は、キャンセル料がかからずに、日時の変更が可能です。天候不順などにより、レッスンが出来ない場合は、前日もしくは当日の10時あたりにご連絡させていただきます。 

 主に飼い主様のご自宅で行います。

愛犬の慣れていない環境だと普段の行動を起こさないことがあります。ですので、普段馴染みのある環境で愛犬の行動を観察させて頂きます。また、特定の場所(屋外など)で愛犬の困った行動が起きる場合は、その場所でカウンセリングを行う場合もあります。 

 こちらの お問合せページからお問合せ・ご予約ください。

LINEからご連絡頂ける場合はお問合せフォームの「(ラインマーク)予約する」アイコンを押して頂くと、ohana relationshipにお友達追加できますので良ければお願いいたします。また、お友達追加頂くだけでは、こちらからお客様を認識できませんので、一言もしくはスタンプなどを押して頂くと、以降こちらから連絡することが可能になります。

 まずはお問合せページからお問合せ頂けましたら幸いです。

希望日時をご連絡頂けましたら、空いているか否かご連絡差し上げます。また、時間に空きが無い場合でも、緊急の場合はohana relationshipの営業時間外でもお伺いすることが可能です。

 可能です。

お問合せ頂いた後、主に「注意点」「ご利用規約」「初回カウンセリングのお見積り」などをメールにてお返事いたします。メールのご確認後、カウンセリングを希望されない場合は、カウンセリングを受けない旨のご連絡を一言頂ければ幸いです。
こちらからのご連絡後、お客様からのお返事が無い場合、メールが届いていないと認識し、もう一度同様のメールをお送りしてしまうことがあります。

 可能です。

料金は、時間単位での料金ですので、1匹でも2匹でも料金は変わりません。ただ、2匹以上ですと、1匹よりもカウンセリングに必要な時間が多くなることがありますので、その点に関しましてはご了承ください。

 原則は受付ておりません。

感染症予防の観点から、予防接種を受けている犬に限定させて頂いております。ただし、アレルギーや年齢等の理由で受けることができない場合に関しましては、その限りではございませんのでご相談ください。

 残念ながら行っておりません。

交通費等の出費面の問題はあると思いますが、出張範囲は全国ですので、もしご相談したいことがありましたら、カウンセリングにお伺いさせて頂きます。

また、既に対面カウンセリングをお受けになった方は、メールでのカウンセリング(有料)はございます。参照:メール・カウンセリング

その他について

 違いがあります。

主にトレーナー(訓練士)のトレーニングでは、犬に対し新しい行動を教えることが一般的です。一方で、ドッグビヘイビアリストは、愛犬に問題が出た場合、健康面・環境面・気質面など様々な視点から、根本的な原因を分析し、人と愛犬の快適な生活を送れるようアドバイスし、時にはトレーニングします。
また、陽気な犬の問題行動(飛びつき、要求吠えなど)は、多くの場合トレーニングによって行動を改善することが出来ますが、恐怖や不安に由来する問題行動では一般的なトレーニング方法のみでは悪化するケースがあり、ohana relationshipには悪化した飼い主様も多くご相談にいらっしゃいます。

参照:ドッグトレーナー(訓練士)とドッグビヘイビアリスト

 生後3~12週齢あたりまで

出来るだけ早い時期が良いでしょう。犬は、社会化期である生後3~12週齢あたりまでの時期に、様々な人や他の動物との触れ合い、様々な経験をすることで適応力を身に付けることができます。一方で、12週齢以降は、恐怖刺激に対する感受性が一時的に高まります。
そのため、社会化が十分に行われないまま成長すると、初めて遭遇するものに対し過剰に怖がる可能性が高くなるほか、吠えや噛みなどの代表的な問題行動に繋がる可能性があります。将来の問題行動を予防するためにも、愛犬の年齢や状況に合ったしつけをしてあげることが望ましいでしょう。

 大丈夫です。

基本「狂犬病注射と予防接種を受けて頂いている犬」「感染症等の疾患が無い犬」であれば、どのような犬でも可能です。他のしつけ教室で行動の改善は難しいと言われた犬でも、カウンセリングを行い、行動改善できたことも多くありますので、諦めずに一度ご相談ください。