ご感想:特定の場面で攻撃的になるイタリアングレーハウンド1歳

症例プロフィール

・イタリアングレーハウンド
・1歳
・雌(避妊済)

主なお悩み

・特定の場面で唸る・噛む
・お散歩での引っ張り
・甘噛み

経緯

1歳過ぎで骨折してしまい、散歩や行動範囲の制限をしてから、犬自身の意思が通らないときに唸ったり、噛んだりするようになりました。

主に首輪の着脱、手足を拭く、服を着せる(※イタグレは必需品です!)際に、攻撃的になります。

ご感想

子犬の頃は大きな問題なく過ごしてきましたが、一歳過ぎに骨折させてしまいました。

長い治療生活の中でストレスや思うように動けないからか、自分の意思に反することをされると唸る、噛むと言う行動が出てきました。(以前までは吠えることもありませんでした。)

特に、お散歩時の首輪の装着やお散歩後の足拭きなど、かなりの抵抗がありました。初めての犬と言うこともありネットや本の情報を探りつつも解決にならず、何がダメなのかかなり悩んでいました。

飼い始めてから専門の教育も着けずに来たので学校にいれるべきかと思いながらも、まず私自身が愛犬が何を伝えたいのか?どうしてあげる事がこの子にいいのか?と思ってたところこちらの辻先生を見つけました。まさしく、飼い主も学べて愛犬もお勉強が出来る!と思いお願いしました。

初回のカウンセリングでは、詳しく愛犬の状況を聞いていただき愛犬がどんな部分が苦手、嫌なのか的確に指摘いただいてその克服法の課題をいただきました。

愛犬はまずかなり敏感だと言うことで首輪を付ける際の接触に慣らすこと大きな余裕のある輪を作りこの中に頭を通せるまで何度もおやつを使いつつ出来たら誉めるを繰り返しました。

足を拭くことも、まずは普通のお手から。これは普段も出来ていましたがタオルを見るだけで興奮するので少しずつ。まずは乾いたタオルからと段階を踏んで繰り返しました。

先生のいらっしゃる時は先生がすると100%、私がすると何回かに一度という感じで誉めるタイミング、褒め方、おやつの出すタイミングなどやはりネットや本で見るだけではなかなか掴めない事でした。

何度もこれでもかとおやつをあげて誉めるうちに、今ではオヤツ無くてもどちらも難なく出来るようになりました。来ていただいた後は毎回ポイントや注意点の書いたレポートを送って頂き、何度も見返すことができました。少しの疑問や質問もつどライン頂き練習で諦めそうな時もモチベーションのアップが出来ました。

また愛犬の性格や反応をよくみてこの時はこう感じてるんだと教えていただき、少しずつでも私が知りたかった愛犬の気持ちがわかる事が出来本当に辻先生にお願いして良かったなと思いました。

まだまだ色々お聞きしたいこと勉強したいことがあるのでまたお願いしたいと思います。