ご感想:QOL(生活の質)を上げるための練習を頑張るゴールデンレトリバー

症例プロフィール

・ゴールデンレトリバー
・1歳
・雄(去勢済)

主なお悩み

・散歩でリードの引っ張り
・興奮時の飛びつき・甘噛み
・拾い食い

経緯

同じお母さんから生まれた雄のゴールデンレトリバー2匹と暮らしています。

基本は良い子なのですが、体格が大きいこともあり、興奮したときの飛びつき・甘噛みが激しくて困っています。

また、散歩でのリードの引っ張りや拾い食いも、トラブルが起きるリスクがあるので、改善したいです。

ご感想

ポテト(愛犬①)とサラダ(愛犬②)が一才近くなり、ポテトがお散歩中グイグイ引っ張り、しんどそうなのが気になり出しました。

また、日常でも興奮しがちで、興奮すると飛びついて激しく 甘噛みするのも気になりました。

ちょうどその頃にネットでドッグビヘイビアリストとして活動されている先生方の存在を知り、行動学に基づいたトレーニングや犬のボディランゲージをぜひ教えてほしい!この子たちをもっと理解したい!と思って、辻先生にメールしました。

そして初回カウンセリング。

先生はとても丁寧に話を聞いて下さり、それぞれの課題や長所を的確に指摘して下さいました。

サラダも実は興奮しがちなことが分かり、2匹そろって落ち着く練習や自制心を養う方法を教えていただき、実践することになりました。

同時にポテトのお散歩引っ張りもロングリードを使って、ゆったり楽しめるよう丁寧に教えていただきました。

決して威圧したり体罰を使わず、犬が自分で考えて自主的に行動できるようにするトレーニングは、ポテトもサラダもとても楽しそうで、2匹とも辻先生が大大大好きでした。

初回から4ヶ月、2匹とも格段に落ち着いて行動できるようになり、多少興奮しても少しの言葉がけで自分で気持ちをコントロールできるようになりました。

ポテトのお散歩もロングリードでゆったり歩く時間が日に日に増えています。
辻先生のおかげでこの子たちとの時間がますます楽しいものになり、心から感謝しています。
本当にありがとうございました。